波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

パルコ・プロデュース「三谷文楽『其礼成(それなり)心中』」PARCO劇場

作・演出:三谷幸喜
出演:竹本千歳大夫、豊竹呂勢大夫、鶴澤清介ほか

「三谷文楽『其礼成(それなり)心中』」2012.8.15.(水)のマチネ。

文楽の新作を書いてみた、ということらしい。

近松門左衛門の同時代にヒット作に振り回される人々を描き、近松作品を引用しつつそれっぽい作品になった。

 

感想が難しいのは、そこそこ面白かったこと。

三谷作品としては大爆笑とはいえないし、精一杯だった感じは否めない。

近松物だと「近松心中物語」という名作がちらついてしまう(というよりそれでしか知らない)ので、劇世界の迫力不足を感じてしまった部分もある。

それでも、ちゃんと文楽っぽくなったのはすごいんだろうと想像します。

 

一方で、企画としては良かったと思う。

文楽にあまりなじみがない人間にとって、人形が後ろの黒子と同様の生身の俳優に見えて、台詞もだんだん人形から聞こえてくるのが、すごかった。

文楽紹介企画としては秀逸。これで歌舞伎のように他の劇作家も参入するかな?