波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

パルコ・ミュージック・ステージ「ショーガール」パルコ劇場

作・演出:三谷幸喜
出演:川平慈英シルビア・グラブ
音楽:荻野清子

ショーガール」2014.8.24.(日)17時の回の感想。

同時期に上演される「君となら」の後の時間を使って、平日なら22時から1時間上演されたミュージックショー。

とはいえ、両方ともチケットはさっさと売れてしまったので、同じ日に続けては観られなかった。

ショーガール」は木の実ナナ細川俊之がパルコで長い間上演してきたシリーズ。

そのバタくさいイメージで客席に入ると懐かしい感じの日本家屋のセットにビックリする。「君となら」のセットのままらしい。

舞台中で(東京都三鷹市下連雀と繰り返し歌っていたので、「君となら」の設定は下連雀なのかも。

ベタベタのコメディー劇の後、歌と踊りのショータイム。

懐かしい曲が多かったから、前の構成をなぞってる?

どこまで昔のに似せているのかは分からないが、見終わって背筋の伸びる格好良いショーだった。