波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

「天空の城ラピュタ」(TV)

TVで放送していたものを録画して観た。初ラピュタ。1986年の作品で、絵のシンプルさやキャラクター設定などに時代を感じるが、いきいきとした冒険物だった。地下で眠っているロボットなどエヴァンゲリオンの絵の原形を見るようで、そういう意味でも興味深かった。あまり細部が書き込まれていない物語で、いろいろ謎なまま。敵役(ムスカ)がどれほど悪人なのかもあんまり確信が持てず。崩壊の爽快感は盛り上がった。しっかしなんでこんなにCMが長いの?