波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

「君の名は。」(TV)

大ヒット日本アニメ映画をTV録画で観た。田舎の風景も東京の風景も繊細なタッチで、絵が細かい気がする。ストーリーは男女入れ替わりもタイムマシーン的な要素も原発事故を彷彿とさせる絵も見たことがあるもので、日本的な田舎の因習の薄暗さがオカルトっぽい空気を出している。田舎/都会の憧れはやたらとリアリティが高い。ずっと誰かを探していたような気がする、という甘酸っぱい青春感に乗れるかどうかかな。全編を通して同じ声の歌が入ることでナレーションのような、誰かの息遣いの中に物語がある感じがした。