波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

「ジャニス:リトル・ガール・ブルー」(ビデオ)

2018.4.5.に観た。
「ジャニス:リトル・ガール・ブルー」は60年代末から70年にかけて活躍中したアメリカの女性シンガー、ジャニス・ジョプリンドキュメンタリー映画
すでに生涯を追った映画が2作あり、この作品は弟妹のインタビューや家族への手紙を核に、音楽に向かわせたものに静かに迫っている。
すでにジャニス・ジョプリンの作品のおおよそは知っていることが前提。
曲もたくさん出てくるけどバックグラウンドになったりと、魅力の紹介には注力していない。
早逝したのでドラッグが悪いという一面もあるが、周囲に受け入れられないことへの不安を抱え続け、生きるのはつらかっただろうという感想を持った。せつない映画だった。
ものすごくジャニスの歌を聞きたくなることは確実です。生で「Ball and Chain」を聞きたかった。

映画情報はこちらからどうぞ。配信もあります。

ジャニス:リトル・ガール・ブルー [DVD]

関連記事もどうぞ。
1本目のドキュメンタリー映画「ジャニス」
namiuchigiwa.hatenablog.com
ブロードウェイミュージカル映画「A Night With Janis Joplin
namiuchigiwa.hatenablog.com