波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

「愛と哀しみのシャーロック・ホームズ」世田谷パブリックシアター


f:id:namiuchigiwa:20190929150059j:image

(写真はチラシの原画。人物画だったようです)

作・演出:三谷幸喜
出演:柿澤勇人佐藤二朗広瀬アリス横田栄司ほか
音楽・演奏:荻野清子

2019.9.28.(土)「愛と哀しみのシャーロック・ホームズ」のマチネをかたつむりと観た。世田谷パブリックシアターは一番遠い席だと3階席まであるので、S席9,800円にした。立見も出る盛況。

シャーロック・ホームズのファンである三谷幸喜による、若きシャーロック・ホームズが探偵を始める頃の物語。

ネタバレは避けるべき話なので、当たり障りなく書くと、「シャーロック・ホームズは〇〇だった!」という仮説と、兄との関係を軸に、ワトソンとの関係を描いている。

いくつものストーリー&謎解きが次々と展開していって、物語劇として面白い。早くも遅くもない展開のスピード、混線しないストーリーはさすが。あっという間の2時間半だった(休憩あり)。

「大根芝居」(下手な芝居のこと)の芝居、というのが興味深かった。なんかおかしいなと思ったんだ。難しいだろうなあ。

歌のシーンが複数あるにもかかわらず、ミュージカル出身の柿澤勇人に歌わせないというのは面白いチョイス。上手すぎて合わなかったのか。

三谷作品は感動とかは基本狙わないので(たまにあるが)、ネタの盛り込み度、煮詰め度が高く、かなり満足した。ビデオで見ても楽しめると思う。

なぜだか「おのれナポレオン」を思い出した。ゲームが出てくるから?

namiuchigiwa.hatenablog.com