波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

パール兄弟「行こうぜ、やっぱり! パール兄弟2020」(配信)

f:id:namiuchigiwa:20200928121323j:plain

ライブ後に写真撮影タイム

パール兄弟「行こうぜ、やっぱり! パール兄弟2020」を配信で観た。

2020.9.27.(日)渋谷クラブクアトロでのライブをStreaming+で同時配信。

せっかく配信があるので、ライブに行ったことがない好きなアーティストのライブを観よう!ということで、初参加。

アルバムも全部は聞いてないけど、ライブはすごい高揚した。初めてたまたま見た人でも楽しいんじゃないだろうか。

コメント欄で公式さんが歌詞やサエキけんぞうによる曲解説を投稿していて、曲への手掛かりがあるのがありがたい。

『歩きラブ』の中の曲とか耳なじみがいいので音源だとなんとなく聞き流していたが、ライブだと立ち止まって聞けて、jazzyでかっこいいのにしびれた。

この日のメンバーはサエキけんぞう(vo)、窪田晴男(g)、バカボン鈴木(b)、松永俊哉(ds)、サポートで米内山尚人(g)。Keyの矢代恒彦はお休み。あとバック(フロント?)ダンサーでリーマンズ。

初期の曲と新曲を交互に織り交ぜるセットリスト。『未来はパール』の曲が多かった。作りたての『パール玉』からも披露。

「ヨーコ分解」の重層的で重厚な音は健在。「ZOO-ZOO-ZOO」など奇妙な音のアレンジがかっこいい。

パール兄弟というのは変わったバンドだと思っていた。

ベースとドラムの重くて自在なメロディラインと、ちょっと明るい音の多彩なギター、それだけでサウンドができ上がっているところに、音色が明らかに別世界でしかも変な歌詞のボーカルが乗る。

以前はほかのサウンドに対して歌の線が細いという感じがあったが(CDだけの感想)、この日のライブではそんなことはなくてすごく良かった。「青いキングダム」は涙もの。コーラスはCDの方がいいけどね(コーラスバンドをよく聞いてるから点が辛い)。

とにかくかっこいい音だった。新曲も含めて「変な曲~」という感想が先行するバンドだが、音のかっこよさ、切なさを味わうのにライブは良かった。

リーマンズが出てきてからのコメディタッチの男祭りの中、「♪エレキでもどうだい」で踊り浮かれたまま終了。残るのはすごい浮遊感。

配信終了までの1週間何度でもリピートするだろう予感がする。

CHAKAゲストのライブも見たかったなあ。

[追記]アーカイブ期間を延長してもらえて、音だけも含めて6回見た(聞いた)。すごいお得(笑)

聞くほど音が分かって楽しんだ。アナログ録音しようかと思ったほど。

繰り返し見た後で良かった曲は、音の深みに溺れる「ヨーコ分解」と、叙情が癖になる「黄昏ココロン」。『パール玉』の曲はかなりいい。

11月1日には無料配信で「『パール玉』発売記念スペシャルファンミーティング」と題して、ライブ映像を見ながらメンバーが語るイベントもあった。

本気の反省会というか音楽的ダメ出しもあって、こういう風に作ってるのが分かって面白かった。そしてアイテムを表示させたりしてライブ映像はやっぱりテンションが上がった。

・この日のライブ映像2曲(歌詞付き!英語訳が興味深い)

楽天市場で新品が入手できるCD


パール玉 [ パール兄弟 ]


歩きラブ [ パール兄弟 ]


馬のように [ パール兄弟 ]


六本木島 [ パール兄弟 ]


未来はパール [ パール兄弟 ]