波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

スターダスト☆レビュー「『年中模索』取扱説明会」(配信)

f:id:namiuchigiwa:20201002164956j:plain

「『年中模索』取扱説明会」チケット

スターダスト☆レビューの月イチ配信企画第一弾、スタッフ応援トークライブ「年中模索」取扱説明会を観た。

イープラスのStreaming+にて、2020.10.2.(金)19:30から2時間20分くらい。会場はeplus LIVING ROOM CAFE & DININGですね。部屋のセットみたいで配信向きの場所。

新作アルバムのツアーが延期になってしまい、10月から12月まで月1回配信ライブをするという企画の第1回はアルバムの解説トークライブ。

サポート2人も含めたスタレビ全員に加えて、プロデューサーの佐橋佳幸も参加だった。

全曲について6人全員が萌えポイントを発表して、それに佐橋佳幸が解説。その部分の音もかける詳細な説明会だった。

楽器の話は専門的で分かったのは7割くらい?流れた音でもその部分が聞き取れなかったりしたけど、そういう細かな工夫で曲は成り立っているんだな。

詳細解説はこちらでも!

月刊『Player』2020年10月号 プレイヤーコーポレーション 音楽雑誌本

曲は佐橋佳幸アコースティックギター添田啓二エレクトリックピアノの伴奏によるコーラス中心の編成。コーラスの響きにうっとり。

「トワイライト・アヴェニュー」、「ちょうどいい幸せ」、「Charming」(6人でアカペラ)、「静かな愛で」(根本要佐橋佳幸)の4曲。

「ちょうどいい幸せ」「静かな愛で」は佐橋佳幸ギターの繊細なタッチを堪能。佐橋佳幸ギターじゃないと成立しない曲っていくつかありそうだな。「同級生」はライブでは違う形を考えるというコメントだった。

11月の「『年中模索』初実演披露会」は3曲リクエストで決めるという発表があった。10/16までチケット購入時にリクエスト曲を書く欄がある。

スペシャルゲスト佐橋佳幸らしいので、CDと同じバージョンで聞きたい曲どれリクエストしようかな。

ライブはまた別の響きになりそうでそれもまた楽しみだ。

アルバムはこれ!

年中模索 (初回限定盤 CD+DVD) [ スターダスト☆レビュー ]

・「『年中模索』初実演披露会」の記事は↓こちら↓

namiuchigiwa.hatenablog.com