波打際の舞台日記

音楽ライブ・演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いています。

プラネタリアTOKYO

f:id:namiuchigiwa:20210722115329j:image

2021.7.21.(水)東京・銀座にあるプラネタリウム「プラネタリアTOKYO」にかたつむりと出掛けた。

サンシャインや東京スカイツリーと同じコニカミノルタプラネタリウム。2年前くらいにできた新しめの施設で、シートにこだわりがあるということで興味を持っていた。

DOME2にある寝転がるような椅子で見上げるシートはリラックス度が高そう。でも価格が高い。DOME1は普通の値段でクッション席がある。結局普通の席にした。

見たのは2つのプログラム。

・「To the GRAND UNIVERSE 大宇宙へ music by 久石譲

SOUND DOMEという音響システムに対応。個人的な感想はひたすら宇宙の映像なのが嬉しい。

・星空ラウンジ

こちらは他の作品の当日の券を持っていれば無料。つまり1本分の価格で、こちらも見られる。

写真撮影や小声で話すのもOKで気楽な感じだった。

10分くらいの短い作品や当日の星空解説を合わせて4つ。

これが結構面白かった。

夜の地球を眺める作品の、アジアのまぶしさと北朝鮮の暗さは一見の価値あり。

パスポートがあるらしい。

平日昼でパラパラな客数だったのでちょうど良かったけど、それでもクッション席はいっぱい。混んでる日だと満員になっちゃうかな?

ロビーみたいなところには結構椅子やテーブルがあって、プログラム前後に待ったり飲食したりできるようになっている。(外に行ってもOK)

すいてたからゆったりとくつろぎの時間。涼しくていい空間だった。