波打際の舞台日記

音楽ライブ・演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いています。

森山開次×ひびのこづえ×川瀬浩介 『zero』(配信)

ダンス:森山開次
衣装:ひびのこづえ
音楽:川瀬浩介

2022.6.30.(木)森山開次×ひびのこづえ×川瀬浩介 『zero』を配信で観た。36分。

国際交流基金の"STAGE BEYOND BORDERS"という日本を代表する舞台芸術を紹介するプロジェクト内でこの日まで無料配信されたもの。

特設サイトはこちら。

stagebb.jpf.go.jp

収録は2020年12月20日、GALLERY A⁴(ギャラリーエークワッド)で上演された。

ビルの入口ホールが会場で、陽が当たる自動ドアの内外から、階段を上って吹き抜けの2階部分まで、変化に富んだ場所。

内容もシーンが次々に転換していって、衣装や道具、音楽でくっきりするので見やすいダンスだった。

おわん状の道具が象徴的に使われていて、初めかぶって出てきて、その後その下にもぐったり、体に背負ったり。そのたびに道具も人も印象が変わる。

英語のPR文によるとコロナウイルスをかたどっているそうだが、傘やクラゲ、アワビのように見えた。生物を代表するような。服や背負うもので生き物はガラッと変わるという感想。

このメンバーでの作品は初めて見たのだが、ひびのこづえ×川瀬浩介の組み合わせはどこかで見たな、と思ったら、これですね。

namiuchigiwa.hatenablog.com