波打際の舞台日記

音楽ライブ・演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いています。

椎名林檎×斎藤ネコ「平成風俗」

いまさらだけど聞いてみた。すごくかっこいい。身震いした。いわゆるオーケストラっぽい編曲ではなく、でも生楽器がたくさん入って、別仕立てになった曲と、新しい曲が入っている。「さくらん」の映画用という筋書きを持ったドラマティックさと、オーケストレーションの豪華さで、すごくゴージャスな異次元の世界が完全に開けている。映画の内容と親和性があったということもあるんだろうけど。しばらくこの世界から出られそうにないです。特に「錯乱」の癖になるメロディーライン、斎藤ネコのバイオリンがすごすぎる「迷彩」、最後2曲「夢のあと」「この世の限り」のドラマが見事でした。
平成風俗