波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

スターダスト☆レビュー『スタ☆レビ40周年 東西あわせて108曲 煩悩ライブ』大阪城ホール(配信)

f:id:namiuchigiwa:20220612142234j:image

2022.6.11.(土)スターダスト☆レビュー『スタ☆レビ40周年 東西あわせて108曲 煩悩ライブ』の2本目の配信を観た。会場は大阪城ホール

13:00開演、休憩30分を挟んで、終演は20時前。

40周年ライブはさいたまスーパーアリーナ大阪城ホールの2本立てで、それぞれ58曲ずつ、内8曲は共通で計108曲を演奏するという企画だった。108曲だから煩悩ライブ。
(両方ともアンコールで共通曲を1曲演奏したけどこれはノーカウント)

*以下ネタバレありです。

1本目(さいたまスーパーアリーナ)の感想はこちら。

namiuchigiwa.hatenablog.com

前半26曲

冒頭は和尚さんに扮した根本要ほかメンバーのお寺ロケの映像から。108曲は煩悩の現れ、ということでいいのかな?

ということで1曲目の共通曲は「僕らの本能」。BONNOダンスからスタート。

構成はさいたまスーパーアリーナ大阪城ホールで共通で、同じコーナーテーマでそれぞれ数曲が選曲されていた。

オシャレなメロディで盛り上がる曲で踊った後は、一息ついて「アルバムの1曲目」「アルバムの2曲目」のコーナー。

「Heaven」がものすごく染みた。確かにずっしり重かったけど、この日一番残った曲だった。

「PVに見る老化現象」のコーナーは80年台のプロモーションビデオに釘付け。ビジュアルでいうと力が入っていた80年代、迷走してた感がある90年代を経て、今が一番力が抜けて楽しさがストレートに伝わってくる。

「おばかソング」コーナーは写真撮影タイム。なかなか聞く機会のない曲が嬉しい。

そして前半のバラードコーナー。バイオリンの多ヶ谷樹が登場。このコーナー、さいたまといい大阪といい、バイオリンが入ってバラードがすごく盛り上がる。

前半最後は歌い回し2曲から「オラが鎮守の村祭り」。周年のお祭りって感じ全開で、休憩に。要さん芝居うまいなあ(笑)

後半32曲+ノーカウント1曲

休憩後はセンターステージでアコースティックコーナー。アカペラやコーラス曲・カバーを含め、7曲。

このコーナーに限らないが、東西とも歌も演奏も気合が入っていて素晴らしい完成度だった。音程も修正なしでそのままDVDで売れるレベル。入り間違いは数曲あったが。歌詞がすっかり飛ぶ場面がなかったのはプロンプター効果かな。

正面のステージに戻って、タイアップ曲を集めた「期待に応えられずすみません」のコーナー。ポップで魅力的な曲たち。

要さん以外のメンバーが歌う「俺にも歌わせろ」のコーナーは、大阪ではハンドマイクでステージの中央に。楽しい感じで沸いた。寺田さんが年々かわいいキャラになってる気がする。

「美味しいところを見繕って」コーナーは、メンバーが選ぶアルバム曲リクエスト。

そしてスタッフリクエストで、シングル曲のバラード。

あっという間に時間は経ってしまい、最後の盛り上がり曲のコーナーに。

この日の んなアホなホーンズ は、岡嶋直樹(Sax)、寺内茂(トランペット)、忍田耕一(トロンボーン)の3人だったのだが、最後は別の仕事に行っていたはずの前田大輔も参加して、総勢11名。

大阪の方がライブで定番の曲が多かったかな。さいたまの方がレア曲が多くてどちらがいいということはないけれど、大阪も行くべきだったと深く後悔。

「愛の歌」とノーカウントのアンコール曲「めぐり逢えてよかった」は1日目をみんな見てるから、冒頭から客席中にスマホのライトがまたたいた。要さんは客席の光景に泣き崩れながら、この日は最後まで歌い切った。

エンターテイメントに徹したステージ

2本目の大阪は1本目のさいたまからちょっとずつ調整したと感じるところがあった。客席に振り付けがある曲が2曲増えていたり、通路を使うシーンが増えていたりとか。

そして、ステージ前半はメンバー全員がびっくりするくらいいい笑顔だった。意識したのか、2日目で緊張がほどけたのか。そして後半になると段々表情が苦しそうになって視線が下がる。きっと客席も同じなんだろうな。意識しなくても疲れが出て硬い表情だったのかも。

そんな中、要さんの視線だけはまっすぐ前を向く。フロントマンだからといえばそれまでだけど、さいたまでは特にすごいなあと思って見ていた。ほんとに楽しいんだろうな。腰痛は大丈夫なんだろうか。

いつものようにスタッフや観客、スポンサーに拍手を送り、そして全国のイベンターにも拍手。そんなバンドほかにあるだろうか。そんなスタレビとスタッフに拍手!

カラオケルームで配信鑑賞

個人的な話としては、長時間なので初めてカラオケルームで配信に参加した。画面も大きいし、音もベースの低音がよく聞こえてかっこいい。(初期スタレビのカッコよさはベースラインにあると思う)

パソコンやスマホを調整していて集中できなかったところは、アーカイブでカバー。

思いっきり歌えるのに、途中まで歌うことを忘れていて、コロナ禍のライブ慣れを痛感した。そして本気で歌おうとしたら、高い音が全然出ない! 声帯は筋肉だから使わないと衰えるとは聞いていたけれど、これはリハビリ大変かも。コロナの影響って思っているより大きそうだ。早くライブで歌いたい。

(配信だとメモが取れてしまうので長文になり失礼しました)

セットリストはこちら。東西共通曲もいずれ更新してくれるかな?

s-d-r.jp