波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

スターダスト☆レビュー の検索結果:

「esq Tour 2022 spring “Hooray!”」 BLUES ALLEY JAPAN

…esqオリジナル曲、スターダスト☆レビュー時代の曲、洋楽・邦楽のカバーによる構成。 声量も音程の確かさも高音の伸びも変わらない。というかパワーアップしている。これはちょっとすごいのでは? 終盤、声の大きさが上がったのを体に伝わってくる振動で感じた。生ライブが配信と違うのはこの伝わってくる揺れだと思う。 そしてこの日すごく感じたのは、ほかのお客さんとの相互作用。興奮が伝わりあって、高まっていく。そして同じように、アーティストと観客との間の相互作用も見えたような気がした。歌で温ま…

「esq 90 minutes Livestream 21/12」(配信)

…中心としたカバーと、スターダスト☆レビュー時代の曲のセルフカバー、esq名義の曲が、これまでのところ1/3ずつくらいで選曲されている。 前回は↓こちら↓ namiuchigiwa.hatenablog.com 今回はキーボードのバックが白ベースのカフェ風のイラスト。合成背景かと思ったらカップやベンチとかは本物だった。そういうスタジオらしい。 画面の色づかいもポップ。数回ですっかり画像編集の腕を上げたみたいで、なんだか素敵な映像だった。 多分見る方も発信される方も慣れてきて、柔…

「Mt.FUJI楽園音楽祭2021 40th Anniv.スターダスト☆レビューSingles/62 in ステラシアター」(配信)

…0th Anniv.スターダスト☆レビューSingles/62 in ステラシアター」をStreaming+の配信で観た。 スターダスト☆レビューの夏の野外ライブツアー「楽園音楽祭」の河口湖ステラシアターのライブをギュギュっと1時間47分にまとめた抜粋版。 生配信じゃないし、全編を収めたDVDはそのうち出るし、と思ったけど、予想外になんだかいい配信だった。記録とライブの中間。野外ライブのやさしい空気と、気楽さがうまくマッチして、緊張せずに楽しんだ。終わった瞬間に「もう一度見る…

スピンオフ四人囃子feat.根本要&西山毅

…。 ギターが2人で、スターダスト☆レビューの根本要と元ハウンド・ドッグの西山毅。根本要はボーカルも担当。あとベースとキーボードの5人編成だった。 四人囃子はプログレ、プログレといえば変拍子、くらいしか知らないのだが、意表を突く音の組み立てで、びっくり箱のようで面白い。 ポップな曲や、割とゆっくりしてる部分もある。(そうじゃない部分もある) でもやっぱり楽しいのは、テンポが速くて変拍子で、一生懸命音を合わせて弾いてるフレーズ。なんといってもニコニコとアイコンタクト取りながら演奏…

ザ・チャイチーズ(配信)

…イチーズというのは、スターダスト☆レビューのボーカル根本要と、いろいろな曲のバックで弾いている名うてのミュージシャンが集まったライブのためのバンド名。条件は身長165cm以下。実はちょっと大きい人もいる。 前回は根本要還暦祝いだったかな? 2017年に開催され、身長順入場で(一部の)話題を集めた。 今回は他のメンバーの還暦祝い(難波さんはもっと上)で開催された。密を避けるために身長順入場はなし。 配信するので、日本の曲限定のカバーになった。使用許可のしくみがある日本曲と違い、…

「esq 90 minutes Livestream 21/06」(配信)

…素敵。 洋楽カバー、スターダスト☆レビューのセルフカバーとも、初めて演奏を聴くカバー曲が多くて楽しかった。 先日のライブ配信で、山下達郎が無観客ライブでは集中力が必要と語っていたが、見る側も同様に集中力を保つのが生ライブより大変。 そういう意味で、たっぷりしたバラードを聞かせようとすると大変だろうと思った。ノリのいい曲の方が積極的に参加しやすくて、最後のブロックは画面の前ですごく盛り上がった。「Midnight Rainbow」に「It's A Party!」! セットリスト…

スターダスト☆レビュー「シングル曲リクエスト大作戦ベスト20」(配信)

…1.5.23.(日)スターダスト☆レビューの40周年とリーダー根本要の64歳の誕生日を祝う配信ライブ。 1カ月前にチケットを購入した人が、シングル曲全62曲から、3曲をリクエストして、リクエストが多い上位20曲を歌うという企画。 16:00からStreaming+による有料配信、18:00からの上位3曲はYouTubeで無料生配信。 そんなにうまく行くのか??とみんな不安に思っていたと思うが、無事5位の終わりぐらいから30分くらいの無料配信になった。 (次の次のタイトル下から…

「靱公園MUSIC FESTA FM COCOLO~風のハミング~」(配信)

…ェスト映像) 出演:スターダスト☆レビュー、KAN、馬場俊英、杉山清貴シークレットゲスト:堀内孝雄 「風のハミング」配信で開催 2021.5.5.「靱公園MUSIC FESTA FM COCOLO~風のハミング~ 」をStreaming+のアーカイブ配信で観た。3時間。 大阪市内にある靱公園センターコート特設会場で毎年行われているライブ。今年は新型コロナウイルス(COVID-19)の非常事態宣言のため、無観客での開催になった。4/29(木)14:00から生配信。 FM COC…

スターダスト☆レビュー 「年中模索」~しばらくは、コール&ノーレスポンスで~ 中野サンプラザ

スターダスト☆レビュー 40周年ライブツアー「年中模索」~しばらくは、コール&ノーレスポンスで~ 2021.2.28.(日)中野サンプラザ公演の2日目に参加した。 コロナとか豪雪とかで延期や中止が相次ぎ、チケットを取ったときにはほんとにやるのか半信半疑だった。参加できてほんとに良かった。 客席は一席おき。スペースがたっぷりあってすごく楽。傾斜があるところでは周りが立っても視野が確保できる。ほんとはこれくらいの間隔がいいのかな。 歌ったり大声を出したりするのは感染防止で禁止なの…

スターダスト☆レビュー「あなたのお家(うち)でディナーショー」(配信)

…20.12.20. スターダスト☆レビュークリスマス配信スペシャル「あなたのお家(うち)でディナーショー」を配信で観た。 10月から12月までの月イチ配信企画第3弾。 今回はショー! しかもかなり期待を煽ってくれていたので、楽しみにしていた。 こちらも気合を入れてディナーを準備。ブラックペッパーのたっぷりきいたオニオンスライスを作ってみた。(それほど辛くなくておいしかった) バーカウンターで乾杯~ディナータイム 幕開けは10分強押し。食べ物を前にして待つとこれが長い長い。 根…

スターダスト☆レビュー「『年中模索』初実演披露会」(配信)

…20.11.21. スターダスト☆レビュー「『年中模索』初実演披露会」を配信で観た。 10月から12月までの月イチ配信企画第2弾。 第1弾の「『年中模索』取扱説明会」を受けて、ニューアルバム『年中模索』のライブを初めて披露するという企画だった。 今頃はアルバムを中心としたライブツアーをやっているはずだったのにねえ(ためいき) namiuchigiwa.hatenablog.com (以下ネタバレ、セットリストあり) 「合奏は楽しい」 大きなスタジオに、メンバーが真ん中に向かっ…

スターダスト☆レビュー「『年中模索』取扱説明会」(配信)

…扱説明会」チケット スターダスト☆レビューの月イチ配信企画第一弾、スタッフ応援トークライブ「年中模索」取扱説明会を観た。 イープラスのStreaming+にて、2020.10.2.(金)19:30から2時間20分くらい。会場はeplus LIVING ROOM CAFE & DININGですね。部屋のセットみたいで配信向きの場所。 新作アルバムのツアーが延期になってしまい、10月から12月まで月1回配信ライブをするという企画の第1回はアルバムの解説トークライブ。 サポート2人…

「音市音座2020」(配信)

…た。 「音市音座」はスターダスト☆レビューがホストバンドとなって、ゲストアーティストとコラボをするライブ。 名古屋での開催で、話には聞いていたけれど見たことがなく、今回配信で参加できて嬉しい。 10周年ということで参加アーティストを2日間に分けて開催された。 配信メディアが5つもあって、大きなイベントなんだなあって感想。出演者見ればそりゃそうか。日本ガイシホールのキャパが1万人らしいから、満員なら2日で2万人のはずだったんだもんね。 スタレビワンダーランドに豪華すぎるゲスト …

スターダスト☆レビュー「こんなご時世、バラードでござーる」日比谷野外大音楽堂

…0.8.30.(日)スターダスト☆レビュー「こんなご時世、バラードでござーる」の日比谷野外大音楽堂の会場に参加した。 当日の動画(ぎゅっと10分だけど代表曲がじっくり聞けてなかなかいい)はこちら。 今日はものすごく個人的な感想を書きたいと思う。 「新型コロナ対策ライブ」と銘打ち、座席の半分、立見席もなしの1200人くらいの観客を入れてのライブ。 夏のツアー「楽園音楽祭」が中止、「年中模索」ツアーも年内は延期になり、いつもライブをしているライブバンドSTARDUST REVUE…

「スタッフ応援ライブ H E L P 〜4人はアイテル〜」(配信)

…ている4組なんだけどスターダスト☆レビューから根本要だけなのは、全員来ると密になるかららしい。 アコギかピアノで弾き語りという形だった。「4人はアイテル」は3人アコギで馬場俊英がベース。 ライブはトーク多めで、曲は1人2曲。有名な曲&新鮮な曲の組み合わせかな? 根本要は「夢伝説」と、ソン・シギョンへの提供曲「You Can Change My Life」。 最後に4人で「今夜だけきっと」と「4人はアイテル」を歌った。 ライブの印象は4/1に無料配信した「カエルの座談会 ~開催…

スターダスト☆レビュー ソーシャルディスタンス☆アコースティックライブ「39年の感謝を込めて、リクエスト大作戦!」(配信)

…chで開催された。 スターダスト☆レビュー ソーシャルディスタンス☆アコースティックライブ「39年の感謝を込めて、リクエスト大作戦!」 個人的にはesqと2日連続の配信ライブになった。 1時間半と書かれていたが確信犯で2時間強。予定書き換えたらいいのでは。 スタレビデビュー39年と根本要63歳の誕生日を祝うアコースティックのセットの生ライブ。そして、2月以降ライブができないメンバーやファンのためのリハビリライブ。 当日は2万人超が参加した。 「練習不足なので無料!」だそうだ。…

「esq Internet Live 2020」(配信)

…バーと、esq名義、スターダスト☆レビュー名義の自分の曲を織り交ぜて、音はすごくいつものライブ通り。だいたい3曲ずつで曲紹介のトークが入った。 邦楽のカバーで面白い曲が2曲あった(南佳孝「夜間飛行」、来生たかお「マダムと散歩」)のや、オリジナルの「夜間飛行」などのいつもの馴染んだ曲を楽しんでいるうちに引き込まれていたらしい。後半は特に素晴らしかった。 The Beatlesの「The Long And Winding Road」、esq「信じればいつか」は声や歌い方によく合っ…

「志の輔らくご~PARCO劇場こけら落とし~」PARCO劇場

…った。この全面こけら落とし感が溢れる公演を20回もするのかと思うと、それはすごい重圧だろうなあという感想。 公演パンフレットの入っている袋に「御縁袋」を発見。新品の5円玉が入ってる! 志の輔師匠の解説を聞いて、神棚ないけど大切に飾ろうと思った。 追い出しの曲が、山下達郎の「バラ色の人生~ラヴィアンローズ」だった。新劇場を機に変えたのかな。長くずっとスターダスト☆レビューの「シュガーはお年頃」だったと聞いていた。FMのCMでは「シュガーはお年頃」を流してくれたことに愛を感じた。

esq Live "Sixty Years On" BLUES ALLEY JAPAN

…というより、なんだろう、ものすごい多幸感だった。スターダスト☆レビューやソロ初めの頃の曲は、体に染みついたメロディーを生き直しているような嬉しさ。 最近のアルバムの曲も、80年台シティポップを追究していて、楽しい。 なにより、好きな音楽を歌っているということが、ストレートに伝わってきて、幸せだった。 ライブとしても、バンドの勢いが前面に出た選曲で、体が動いて全身で楽しいライブだった。音楽の楽しさって、こういうところにある気がする。バンド編成でのライブ、また楽しみにしています。

「爆ROCK ♫ にゃおみ&かなめ」BLUES ALLEY JAPAN

…s)ゲスト:根本要(スターダスト☆レビュー) 爆音ROCKで渦が巻く古希祝い 2019.11.21.(木)鳴瀬喜博、通称なるちょの70歳のお誕生日。古希祝いのライブ3本のうちの2日目だった。BLUES ALLEY JAPANの立見ってこんなに入るんだ。初めて見た。 「爆ROCK」がバンド名で、この日はゲストボーカルに根本要を迎えて、「にゃおみ&かなめ」のツインボーカル。 ギターが2本(ゲスト入れて3本)だし、音がめちゃめちゃ分厚い。 音が分厚いのは楽器構成だけじゃなく、爆音の…

「楽園音楽祭2019 スターダスト☆レビュー with んなアホなホーンズ in 日比谷野外大音楽堂」

…キーホルダー) [ スターダスト☆レビュー ] ・CDは1100円! STARDUST REVUE 楽園音楽祭 2019 大阪城音楽堂 [ スターダスト★レビュー ] 2019.8.11.(日)快晴。風が吹いて快適な野外ライブ日和。最後にパラッとだけ小雨。 日比谷野外大音楽堂の椅子が木に変わっていた。新しくて熱くなくてちょっと嬉しい。 野外ライブのツアー「楽園音楽祭」は今年もバラエティに富んだ内容で、3時間が短く感じた。なぜか「君の瞳に恋してる」から始まり、寺田さんとVOHさ…

スターダスト☆レビューライブツアー「還暦少年」中野サンプラザ

2019.3.17.(日)15時開演。チケット発売日10時からトライしたのに瞬殺で売り切れてしまい、「地元なのに(涙)」と悲嘆にくれていたら、土日公演の日曜日のみ当日券が出るというお知らせがtwitterに。競争度合いが想像が付かず、とりあえず発売1時間前に行ってみた。発売時間に来る人が多く、当日券は並べば割と楽勝な感じ。この日は多分10枚弱くらいあったのかな? ツアー中なので下の写真(セットリスト)はネタバレ注意。メンバーがばらしているので言ってしまうと、客席に入るとどーん…

「LIVE SDD 2019」大阪城ホール

…スがあった。 後半はスターダスト☆レビューから。ぐっと渋めのゾーンになった。まず「木蓮の涙」「世界はいつも夜明け前」の2曲を演奏して、ゲストとのコラボを2組。1組目はSkoop On Somebody。ラジオで聞いてたイメージより歌うまいな。声量もあってど迫力で歌い上げた。コーラスのキー高そう・・・。2組目は大黒摩季。「熱くなれ」「ら・ら・ら」の有名な曲にテンションが上がる。コーナーラストは毎年恒例と思われる、スタレビの「愛の歌」を3組と客席で合唱。楽しかった。 ドラマーを目…

スターダスト☆レビュー「楽園音楽祭2018」日比谷野外音楽堂

8/11(土)開場時刻の頃は本降り。なんと開演までに雨はすっかり上がった。雨用のセットリストも用意していたそうで、日替わり曲も含め、一体何曲準備しているのやら。ともあれ本日は通常版。楽園音楽祭にしてはロックっぽい激し目の曲が多かったように思えた。途中のレアな曲が爽やかで良かった。まだまだ続く野外ツアーなのでどこまで書いていいか分からないが、新譜からも聞けて嬉しかったし、タヌキの着ぐるみポン吉が時々表打ちの手拍子になるのがかわいかった。舞台上で最初と最後に血圧測定。当然高めに出…

THE JAYWALK杉田裕とスターダスト☆レビュー柿沼清史還暦記念ライブ「アレッ!祝還暦」マイナビBLITZ赤坂

…ALK)、柿沼清史(スターダスト☆レビュー)、手島昭 8/3(金)東京の公演を観た。スターダスト☆レビューの前身バンド「アレレのレ」の根本要以外のメンバーによるライブ。全員の還暦記念に出身地熊谷の八木橋百貨店で開催したライブが好評だったため、東名阪ツアーが実現した。杉田の歌の安定感、手島のトークの軽妙さなど、3人のバランスが絶妙。手島はプロではないのだが、13曲をしっかり叩けるのがすごい。スタレビの曲を柿沼が歌うが、味があってスタレビでも歌ったらいいのに、と思う曲がいくつもあ…

スターダスト☆レビュー「楽園音楽祭2017 根本要・柿沼清史還暦スペシャル」日比谷野外大音楽堂

写真含めネタバレありです8/5(土)17:30開演。今年は涼しい風が吹いて雨も降らない不思議な夏の野音になった。ツアーや5月の「大宴会」でやらなかった曲を中心に、イコールなかなかマイナー曲中心の選曲だった。「街まで50マイル」を改めて発見。コーラスのメロディーまで懐かしい。年月を経て回顧するような曲が初期には意外とある。当時は大人になって数年前を振り返る内容だったのだろうけど、今は違う風に聞こえてそれも味わい深い。客席通路まで使って、近さを演出?していたが、それでも遠いんだよ…

esq Satellite Tour '17 "The Trio Day" ブルースアレイジャパン

…)東京の公演は3ピース。esq、スターダスト☆レビューの曲と、リクエストのカバー曲・リクエスト曲を織り交ぜて、明るい感じの選曲だった。カバー曲「For Once In My Life」はBARAのベースと2人で、これがすごかった。完全に歌うベース。CD版よりずっと主張していて、引き付けられた。これ以降はベースが気になって。いい楽器らしいのでそれもあるのかもしれない。音響も爆音系な感じで、いつもと違う印象だった。一体感もあるしバンドっぽい音で、esqのライブはこの3人がいいな。

スターダスト☆レビュー「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」さいたまスーパーアリーナ

ゲスト:小田和正、KAN、岸谷香、スキマスイッチ、杉山清貴、鈴木雅之、馬場俊英、松たか子、森高千里、矢井田瞳、渡辺美里、水野良樹サポートメンバー:添田啓二、岡崎昌幸、んなアホなホーンズ(岡崎直樹、寺内茂、前田大輔)さいたま☆物産展、さいたま☆おっさん展同時開催5/20(土)スタレビ35周年イベントは5年に一度のさいたまスーパーアリーナ。遠くからツアーバスで集まってくるので、いろんな方言が聞こえる。11時過ぎに着いたが物産展などすでに開場していて、それなりの混み具合。写真を撮ら…

35th Anniversary スターダスト☆レビュー 熊本地震復興支援チャリティライブ「No Ballads 120分」チームスマイル・豊洲PIT

2017.2.2.(木)19時開演。 ライブハウスだし、「No Ballads」だし、ちょっときついかと思いながら参加したが、飛び跳ねるような曲は控え目で、すごくペース配分に気をくばった構成だったという感想。 このライブハウスでの出演バンドとしては多分最高齢だそうで、東日本大震災の支援のために作られた新しいライブハウスとはいえ、ライブハウスに行く客層よりは年齢高いんだなと理解。なぜか年配の男性が多かった。 「Face to Face」「Secret Face」の曲があったから…

「楽園音楽祭2016 35th Anniversary スターダスト☆レビュー with んなアホなホーンズ in 日比谷野外大音楽堂

9/4(日)野外コンサートとしては理想的なやや晴れ。今年の夏の野外ツアーは3人のホーンセクションをフィーチャーして珍しい曲シリーズな感じだった(場所によってはチャゲがゲスト)。曲の雰囲気もちょっと変わるし、若い!勢いもプラス。そんなメリハリでか、バラードが冴えわたっていた。ツアー終わってないので曲名は控えるが、深く染みる名曲が数曲。勢い良く踊る曲が続いたり、半分くらいは座って聞く曲で、体力の消耗にも配慮した夏のイベントだった。来年も期待してます。