波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

「Mt.FUJI楽園音楽祭2021 40th Anniv.スターダスト☆レビューSingles/62 in ステラシアター」(配信)

2021.11.6.「Mt.FUJI楽園音楽祭2021 40th Anniv.スターダスト☆レビューSingles/62 in ステラシアター」をStreaming+の配信で観た。

スターダスト☆レビューの夏の野外ライブツアー「楽園音楽祭」の河口湖ステラシアターのライブをギュギュっと1時間47分にまとめた抜粋版。

生配信じゃないし、全編を収めたDVDはそのうち出るし、と思ったけど、予想外になんだかいい配信だった。記録とライブの中間。野外ライブのやさしい空気と、気楽さがうまくマッチして、緊張せずに楽しんだ。終わった瞬間に「もう一度見る」を押したのは初めて。(スタレビのライブにしては短いから?)

半身くらいで見ていても自然に一緒に踊ってる。ふわっと軽い浮遊感があって体が軽くなる。いいなあ。やっぱり行きたかったなあ。

冒頭はやさしいイントロ。ステージの後ろに見える緑、自然な感じの衣装、ギターとベースの赤以外の色数を抑えたステージが、全体的にすごく柔らかい印象を与える。

スタレビ40周年ということでシングル曲62曲からの選曲。この日の配信は15曲。ライブの3分の2くらい?

「5月の配信のリクエスト投票で人気があって驚いた曲」の2曲がすごく良かった。「もう一度ハーバーライト」のアカペラ(安全運転気味だけど)と「Find My Way」の最後のアカペラがかっこいい。コーラスが厚い曲はやっぱり映えるという感想。

「もう一度ハーバーライト」の頃の曲は、セピア色の多幸感というか、悲しい曲でもどこか幸せな記憶を感じさせる気がして、特別な感じがする。それは多分曲も編曲も両方なんだと思う。

一緒に歌う曲は「ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス」と「愛の歌」の2曲。家で見ている自分は当然のように歌っているのだけど、"テレパシーで歌う"客席が無音で、ドキッとした。ライブに行った人は見ながら歌ってリベンジ感があるだろうな。

すっかりライブを動画で見るのに慣れたけど、早く客席で大声で歌いたい。しばらく隣に人がいると狭いって思うんだろうな(笑)

楽園音楽祭2021のライブ映像(10分前後のダイジェスト)

・7/22(祝)、7/24(土)、7/25(日)太閤山ランド

・7/31(土)河口湖ステラシアター

・9/4(土)テアトロン

・9/5(日)とっとり花回廊