波打際の舞台日記

演劇を中心に、舞台の感想・意見などを書いていこうと思います。

「うたの引力実験室~別室vol.5」(配信)

CHAKA(vo)、中島徹(pf)、コモブチ・キイチロウ(cb)

2021.1.17.(日)「うたの引力実験室~別室vol.5」を配信で観た。

学芸大学にある珈琲美学というライブハウスが会場で、観客あり。

非常事態宣言の関係で20時に営業を終えられるように、若干短めの45分×2ステージ。トークも短めでコンパクトだった。

 「うたの引力実験室」はいろんな曲をカバーして歌う企画。で、この日は60-70年代の日本のポップス等が中心な印象で、洋楽のオールディーズも数曲。

前回10月と曲はほぼ同じで、多分これがレパートリーなのだろう。

今回はベースがコントラバス。明るく軽めのピアノに低い音に艶のあるボーカル、温かなコントラバスの音で、とてもやさしい「みんな夢の中」だった。

前回と同じ感想で申し訳ないが「恋のバカンス」が至福の時間。

そしてCHAKAの「せぷてんばぁ」は好きだなあ。

頭の中で思い出しながらぐっすり眠れる気がする曲たちだった。

大人にはこういうお馴染みを楽しむという贅沢がある、と思った。

10月の↓感想↓ namiuchigiwa.hatenablog.com